ご予約・ご相談はお気軽に055-955-9090

10:00~20:00(土・日・祝は~18:00) 定休:月曜

※当日予約は最終受付1時間前までにお電話下さい。日・祝は前日までの完全予約制

055-955-9090 ウェブ予約はこちら

【予約制】10:00~20:00(土日祝は~18:00) 定休:月曜
※当日予約は最終受付1時間前までにお電話下さい。
日・祝は前日までの完全予約制

症例報告

立ち仕事でつらい坐骨神経痛

坐骨神経痛で当院に来院される患者様の症状から検査・原因と、症例に合わせた施術をご紹介します。症例報告と似たような症状でお悩みの方は、改善される可能性がありますのでお気軽にご相談ください。

立ち仕事でつらい坐骨神経痛

立ちっぱなしのことが多い仕事に就いています。
最近忙しかったせいか、昔からの腰痛がひどくなり、足の痛みと痺れがでてきました。
痛みは奥から痛む筋肉痛のような感じや、つっぱったような痛みも感じます。
痛みもしびれもお尻からもも裏にかけて繋がってあります。
立ち姿勢が続くとひどくなってきて、歩くのにも支障がでます。
痛い方を下にして寝ると痛むので寝れませんが、反対向きでも時間が経つと痛くなってしまいます。

検査

今回の検査では、下記の症状が見られました

  • 臀部~もも裏の坐骨神経領域に痛みとしびれ
  • 臀筋郡に緊張、特に梨状筋に強くみられる
  • 梨状筋に圧痛あり
  • 股関節外旋が強くつま先が開いた立ち姿勢
  • 腰椎伸展や屈曲では痛みの再現が見られない
  • ハムストリングが伸びづらく短縮がみられる

原因

お尻の筋肉は立位や歩行時に骨盤を支える役目や、股関節を動かす働きをしています。
この患者様の場合は常に酷使している状況といえます。
坐骨神経痛はその名の通り坐骨神経に痛みを起こした状態ですが、それ自体が「腰椎ヘルニア」のような診断名ではありません。
坐骨神経痛というのはあくまでも症状のことで、その坐骨神経痛を起こす原因は何かが重要になってきます。
坐骨神経痛を起こす原因として梨状筋症候群というものがあります。
この筋肉は大腿骨と仙骨を結んでいて、股関節を動かす働きをします。
梨状筋は大坐骨孔という骨盤の穴を通るのですが、実は坐骨神経も同じ穴を通っているため、その際に梨状筋によって坐骨神経が圧迫されることがあります。 これが梨状筋症候群です。
主に臀部~ももうら~ふくらはぎの坐骨神経領域に痛みやしびれがあり、梨状筋に緊張が見られるのが特徴です。
また、この患者様の場合は立位で少しかがんだ状態の体幹を支える際にハムストリングも緊張させてしまい、ハムストリングによるもも裏の突っ張った痛みも併発していました。

施術

骨盤や股関節のアジャストメント(矯正)と臀筋郡を緩める操作を行っていきました。
骨盤の動きが悪かったせいで腰椎にも不具合が起こっていたため、こちらもアジャストメントを行います。
臀筋郡やハムストリングには揉み解して緩める他に、ストレッチやPNFといった動きのある施術を施します。
施術後は起き上がりやすい、痛みが軽いなどの変化がすぐに現れました。
仕事を休むことはできないため、1週間ほどの早めの周期で来院してもらい、症状が再発する前に再度施術を行って安定させていきます。
だいたい4~5回でほぼ痛みがなくなり、メンテナンスにうつることができました。

コメント

最初だけでも専門家に確認することをおすすめします。

患者様自身で来院前からストレッチなどを頑張ってこられたようですが、なかなか改善しなかったということです。
全く効果が見られない場合はやるべきストレッチが間違っていたり、やり方が違う場合があります。
同じ坐骨神経痛でも原因はさまざまです。
巷では腰痛や坐骨神経痛に関する情報がたくさん出ていますが、ネットで調べたストレッチが合うとは限りません。
また、筋肉の状態によってもやるべき方法が違います。
これは一度検査をしてみるほか判断ができません。
自分で何とかしたい!という方でも最初だけでも専門家に確認していただいたほうが良いかと思います。

「坐骨神経痛」の症例報告一覧

現在ご覧いただける症例報告はありません。更新までお待ち下さい。

その他の症例報告はこちら

肩凝り 腰痛 予防ケア 
実りのカイロ三島

WHO基準の国際承認校卒業、安心・安全のカイロプラクティックで予防ケアをはじめませんか?
どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

【予約制】 受付時間 10:00~20:00(土・日・祝は~18:00) 定休:月曜
※当日予約は最終受付1時間前までにお電話下さい。日・祝は前日までの完全予約制