ご予約・ご相談はお気軽に055-955-9090

10:00~20:00(土・日・祝は~18:00) 定休:月曜

※当日予約は最終受付1時間前までにお電話下さい。日・祝は前日までの完全予約制

055-955-9090 ウェブ予約はこちら

【予約制】10:00~20:00(土日祝は~18:00) 定休:月曜
※当日予約は最終受付1時間前までにお電話下さい。
日・祝は前日までの完全予約制

症例報告

年齢とともに膝に痛みが出てきた

膝の痛みで当院に来院される患者様の症状から検査・原因と、症例に合わせた施術をご紹介します。症例報告と似たような症状でお悩みの方は、改善される可能性がありますのでお気軽にご相談ください。

年齢とともに膝に痛みが出てきた

数年前から膝に違和感を覚えることが出てきました。
最近は違和感だけだった痛みの強さがずきっとする感じに強くなってきています。
特に階段を下りる際に痛みます。上りは年のせいか痛みというよりすぐに疲れてしまいます。
正座がしにくくなってきた感じもありますが、昔から低いテーブルで過ごしてきたので今もなんとか正座をしています。
サプリメントを飲んでいますが効いているのかよくわかりません。
お医者さんには経過観察といわれてシップをもらっています。

検査

今回の検査では、下記の症状が見られました。

  • 膝関節内反がみられる(いわゆるO脚の形)
  • 膝関節内側に強い圧痛
  • 内転筋に緊張がみられる
  • 大腿四頭筋などのももの筋肉に筋力低下

原因

膝関節は良く知られている通り変形性関節症の起こりやすい関節です。
長年の負担の積み重ねによるものです。
実は、生まれつき骨格がO脚という人は案外少ないもので、多くの場合は生活習慣による負担の偏りに起因しています。
例えば、腰が丸まりがちな人は臀部や股関節が締まりにくく広がってしまうため膝の間が空きやすくなります。
足関節にゆがみがある人は加重が外側に逃げやすく膝も外に開いてしまう傾向にあります。
それが長年続くとO脚から膝関節の変形につながってしまい、関節軟骨が磨耗して痛みを生じるようになります。

施術

大事なのは早い段階から骨盤や股関節、足関節のゆがみを矯正してO脚を予防していくことですが、変形が生じてしまった後も同じ原理で膝への負担を減らしていくことはできます。
今回は変形はすでに起こっている可能性が高いので、痛みを緩和させ進行を遅くすることが一番の目標になります。
腰椎や骨盤にアジャストメント(矯正)を行い、腰のバランスを整えます。
内転筋が膝関節に付着する部分は「ガソク(ガチョウの足)」といわれ、3つの筋肉が集まっています。そのため負担の起こりやすく痛みを生じる部分です。
その部分の負担を緩和させるためにしっかりと内転筋を緩めていきます。
膝関節は加重がかかって関節腔が狭くなっているため、関節を広げる施術を行いながら動きをつけていきます。
変形が起こってしまった状態は数回で大きな変化を出すのは難しいですが、この悪い状態を放置しておくとさらに悪化するのは確実です。
短期間で何度も施術をするよりも、運動療法も上手に取り入れて膝関節を支える筋力をつけながら、長い目でメンテナンスをしていく必要があります。

コメント

上手に身体と付き合っていくかが重要

やはり、今後いかに上手に身体と付き合っていくかが重要になってきます。 最初は痛みがあるため無理な運動はできないでしょう。 まずは自宅で出来る負荷の少ない運動からアドバイスしますので、状態に合わせて少しずつ運動量を増やせるようにしましょう。 大きな変化が見えづらいので不安になるかもしれませんが、将来必ず「やっておいてよかった」と思える時がくるはずです。

「膝の痛み」の症例報告一覧

現在ご覧いただける症例報告はありません。更新までお待ち下さい。

その他の症例報告はこちら

肩凝り 腰痛 予防ケア 
実りのカイロ三島

WHO基準の国際承認校卒業、安心・安全のカイロプラクティックで予防ケアをはじめませんか?
どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

【予約制】 受付時間 10:00~20:00(土・日・祝は~18:00) 定休:月曜
※当日予約は最終受付1時間前までにお電話下さい。日・祝は前日までの完全予約制