ご予約・ご相談はお気軽に055-955-9090

10:00~20:00(土・日・祝は~18:00) 定休:月曜

※当日予約は最終受付1時間前までにお電話下さい。日・祝は前日までの完全予約制

055-955-9090 ウェブ予約はこちら

【予約制】10:00~20:00(土日祝は~18:00) 定休:月曜
※当日予約は最終受付1時間前までにお電話下さい。
日・祝は前日までの完全予約制

こんな症状の方に

足のしびれの原因って? 実際の足のしびれの症例

足のしびれは腰痛と関連して発症することも多く、よくみられる症状の一つです。
足のしびれの原因は主に、神経、筋肉、関節、血管(血流)によるものがあります。

1.神経による足のしびれ

坐骨神経痛」をはじめ、「椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」など腰から足にいたる神経経路のどこかで神経が圧迫されることが原因です。電気が走るようなビリビリ、ピリピリやチリチリするような鋭い痺れがあり、しびれの範囲は圧迫される場所により変わってきます。

梨状筋症候群(坐骨神経痛)

梨状筋という臀部の筋肉が緊張し、下を通る坐骨神経を圧迫して起こり、臀部から足の裏まで痛みやしびれが出ることがあります。骨盤のゆがみや股関節の不具合との関連性も強いです。

椎間板ヘルニア

腰椎の下部に椎間板ヘルニアがある場合に神経が圧迫されて痺れを起こします。神経が圧迫される部位によって痺れの部位が変わります。朝起きた時、トイレで力んだ時、前屈みになった時などに痺れが強くなる傾向があります。

腰部脊柱管狭窄症

すべり症など、脊柱が変形して神経の幹になる脊柱管を圧迫することで起こります。腰痛や足の痺れを引き起こし、運動障害が出たりします。歩いているとお尻から足までが痺れて歩けなくなるが、しばらくしゃがんで休むと収まる、という特徴的な症状が出ることもあります(間欠性破行)

2.筋肉による足のしびれ

腰や臀部などの筋肉の「トリガーポイント」による関連痛です。トリガーポイントとは筋肉に過度の緊張が起こり老廃物が溜まってできる筋肉のしこりのようなものです。はじめのうちはトリガーポイントを押したり圧迫するとしびれが出ますが、ひどくなると安静時でもしびれが出てきます。ズキズキ、ズーンなど重く、鈍い痺れが特徴です。

3.関節による足のしびれ

筋肉の時と同じ関連痛が腰椎や骨盤の関節(仙腸関節)の機能異常が原因で起こることによります。仙腸関節症候群などがこれに当たります。ゆがみや関節の動きの制限、または過剰な可動性により関節に負荷がかかりすぎることで関節からの関連痛を引き起こします。

仙腸関節症候群

仙腸関節は左右の腸骨と仙骨から成る骨盤の関節です。骨盤のゆがみなどから関節に過剰な負担が掛かると臀部~太ももの裏や外側~足にかけてしびれを感じることがあります。一般的に女性よりも男性のほうが骨盤の動きが悪くなりやすいです。

4.血管による足のしびれ

何らかの原因により血管が圧迫され、血流が低下するために起こります。簡単な例でいうと正座の後のしびれですが、これは足を長時間屈曲し体重をかけていることで血流が阻害されることで起こります。同じように関節や筋肉の過緊張による血管の圧迫が続くとしびれが起こります。

カイロプラクティックによる足のしびれのケア

足のしびれの施術
足のしびれの施術イメージ

いずれもしびれの原因が何か、どこで問題が起こっているのかを正しく見極め、その問題を取り除くことが早期解決のために重要です。原因によって施術の方法などが違うため、しっかりと問診・検査をして状態を把握します。

病院に行ったはいいけれど、牽引だけで何も良くならない、湿布・痛み止めをもらっても良くなるわけじゃないからどうにかしたい、医者に手術を勧められたけれどそこまではしたくない、といった方が多くご来院されています。また、手術をしたのに変わらなかったとご来院される方も多いです。足のしびれは症例数・施術数の多い問題ですので、安心してお任せ下さい。

その他の症状はこちら

肩凝り 腰痛 予防ケア 
実りのカイロ三島

WHO基準の国際承認校卒業、安心・安全のカイロプラクティックで予防ケアをはじめませんか?
どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

【予約制】 受付時間 10:00~20:00(土・日・祝は~18:00) 定休:月曜
※当日予約は最終受付1時間前までにお電話下さい。日・祝は前日までの完全予約制